素人さんの為の家づくりのい・ろ・は

素人さんの間違いだらけの家づくりの知識。 あなたの暮らしに役立つ知識を大公開! 続きはブログで・・・

メンテに関して嘘をつきました宣言⁉

街を歩くと空いているテナントをよく見かけます。

 

テナントはすぐに動くのですが、土地も同じように空いているのですが、売主の事情や私利私欲が絡むのでテナントのようにすぐに簡単には進まないものです。
 
でも、気が付けばこれまでにありえないと言われていた銀行や百貨店が合併をしたりしていますので、これから先、少子化と空き家問題でハウスメーカーの合併もあるでしょうし、住宅ローンから撤退する銀行が出たように住宅業から撤退するハウスメーカーも出てくると思います。

 

例えば 三井住友ホームって違和感ないですよね。
資本を入れているのでトヨタミサワホームもありえますし ダイワハウスは住宅撤退だったり・・・これから先 住宅業が縮小するので何がどうなるのか全く分かりません。

 

アパートを建てている会社もマンション事業、分譲住宅をしている会社も同じように厳しくなり、体力なければ、銀行が切り捨てるとある日急に倒産もありえます。

 

これは、もう既に景気がどうのではなく、ほとんど何もない時代から作り上げてきた時代からこれからは嘘偽りのない質が良いものを残して淘汰していく時代となり、これが自然の摂理だろうと思います。

 

街を歩くと空き店舗は相変わらず多く、店の入れ替えも多かったりしますが、主旨やコンセプトがはっきりしていて、ちゃんとお客さんに伝えているところはいつも人が多く、大忙しなようです。

 

そりゃ~同じ美味しいなら安い方が良くて、大阪市内でも本町から心斎橋あたりまでは激戦区といえ、高く売れ!っていう人もいますが、売れれば・・・で高くもないものを高く売ると誤解している人が沢山おられますが、それでは嘘になります。
 
  安くというより納得できる適正価格で性能もサービスもいい

 

それがどの商売でも一番だと思っていて、だから色々と淘汰されていくと思います。

 

断捨離とかミニマムとか 過剰であることや無駄を省いて 目先の事にとらわれず強い決断もして横着しないで お客さんのために何がベストかと知恵やサービスを供給している企業さんがおそらく何らかの形で伝わって、人が人を呼んでお店も人に継がれて繁盛されていくと思います。

 

f:id:house-net:20171110114315j:plain

 

ところが、この住宅&不動産業界といえば 相変わらず横着で杜撰。

 

メンテは 手間がかかりお金がもらえないので行くことを避け続け、いかにラクをしてその場限りで儲けるのかばかり考えている企業や人ばかりでまず心がない

 

先日 相談あったお客さまから見せていただいた資料の某アート系の設計事務所もそうだが、設計監理費用を一切告知しないでそれを含めた家の価格はどんぶり勘定って どういう感覚なんだろうか?

 

そもそもなぜに先生と言われるのかもおかしくて 先生という立場を誤解して利用して この住宅業界では 横柄で世間知らずで生意気で融通が利かない独特な方々が非常に多いと思います。

 

以前 朝日新聞のページで 

 

  掘り起こせ! リフォーム需要 

 

って記事が書かれていますが、その記事を読むと新築がこの先伸びないので強化している!とのことですが、毎度これまで繰り返してきてますが新築がだめならリフォームを強化!という事をこの住宅業界では、20年ほど前からずっと言い続けて繰り返していますが、いつなったらちゃんとすんねん!で、これからはリフォームを強化します!ってこれまで何度ハウスメーカーの口から聞いたことか・・・

 

過去のこれまでのお客さんを丁寧に1棟1棟まわって強化する!と言ったりしていますが、たしか新築の契約をされる時には、アフターメンテはしっかりとします! と説明して契約したのに全然してへんかったんかい!となります。

 

しかも、実際に建てた人が満足していたら、紹介やリピートが増えてるはずなのに、なぜ莫大なお金をかけて未だに新しい客ばかり集めるのだろうか?相当、紹介リピート率が悪く、満足度が低いのだろうと思うばかり。

 

それを改めてわざわざマスコミ使って、強化!と言われても、これまでメンテを怠っていました!と自己申告しているようなものですが、またこの先最後のバブルになるかもの消費税絡みなどで新築が忙しくなれば、またきっと横着になるのは見えています。

 

彼らは、なぜメンテを避けるかと言えば、やはりクレームが増えるからであり、クレームを言われるような終え方をしていることも多いのです

 

しかし実は、そのリフォームについて本腰を入れるハウスメーカーは少なく、新築事業でダメ社員、売れない営業マンなどをリフォーム事業に回している事がとても多いのですが、リフォームってそれこそ建築の事を知らないとむずかしいのでそんな甘いものではないのですが、新築よりも華やかさもなく、売り上げも粗利も額面が低いので、基本的に姿勢は、横着な考えなめている姿勢となっています。

 

長年住宅に特化して家づくりに携わっておりますが、更地に建てる新築より、規制の多いリフォームの方がなにかとむずかしいというのが、私の本音でだからそれが楽しいんですけどね。。。

 

ってなことで、自民党が圧勝したので消費税が上がるのは間違いなく、これから先消費税が上がって以降、益々以前より焦りから業界の資質がひどくならない事を希望しております。 

 

ちなみにこちらへのご相談は、あまり景気に関係なく減ることはなく、焦って対応が悪くなればなるほど相談が増えるばかりで、この住宅業界では、政府が主導である団体をつくり、天下りを配属させ、許認可申請をつくり、収入を得るという仕組みをお咎めなくつくっておられ、しかも仕事でありながら、できるだけ責任を負わないように自分たちの立場を守るような事ばかり考えています。

 

だから、不思議と相も変わらず不動産業界も建築業界もひとつもよくなっていません


どうしたものか・・・

 

 

housenet.jp