素人さんの為の家づくりのい・ろ・は

素人さんの間違いだらけの家づくりの知識。 あなたの暮らしに役立つ知識を大公開! 続きはブログで・・・

ベストセラー作家や先生になる方法!?(住宅業界内のみ)

先日ご訪問したお客さまからのご質問で ある本の話になりましたのでそれに関するオハナシを一つ。

 

f:id:house-net:20180721171324j:plain

 

最近テレビのコマーシャルを見て感じたりする事

  • あのハウスメーカー 最近 宣伝しないなぁ?
  • あのタレント使うのやめたな?
  • 家について 何ひとつ言わないなぁ
  • 業界で、あたりまえのことをさも、自社が開発したように言っているなぁ
  • パナソニックは しぶといなぁ
  • ソニーは 減ったなぁ
  • 携帯電話関係が多いな
  • サラ金会社は、だいぶなくなったなぁ~
  • パチンコも堂々としているなぁ
  • そもそも宣伝するかな?

などなど、テレビの宣伝だけ見ていても、よく感じることはあります。

 
それに絡む広告宣伝費やそれを扱う建築業界で言うとゼネコンのような大手広告代理店。


華やかな時代の時には、接待も多く、金遣いも荒いのでなにかとチヤホヤされるご商売のようで、中小では真似ができない、基本的にお金を一般人には想像を超える額を莫大に使う広告ばかり考えていると思います。たぶん麻痺するであろうことも想像できます。


でも、街の工務店や中小(零細)の会社は、そんな上場会社とは全く違うという事をしっかりと理解しなければいけません。

 
既に時効だから言えますが、以前の会社で販促を担当した時、例えば、新聞に広告を掲載したい時に親会社ルートではなく、別ルートで探したら、価格が5分の1以下になった事もありました。イメージでは、100万の広告が20万ですよ!

 
一体、大手広告会社は、どれだけ利益取ってんねん!という感じでしたが、何気ない広告ひとつでもこんなもんです。

 
20万ですら本当に投資しても広告効果があるのか? そもそも必要があるのか?と中小は、しっかりと考えなければいけません。おそらく冒頭の上場しているハウスメーカーなどの宣伝でも、きっとこんなこと繰り返されているんだろうな~麻痺しないでほしいなぁ~と信じたいものです。


この大手の販売手法を家づくり販売方法として、さも良い事例かのようにこんな真似事を中小の経営者を相手にセミナーして、洗脳してその気にさせて大金使わせて、紙媒体やモデルハウスや営業ツールなどを用意することを推奨させて、経営者もすっかりと勘違いした家づくりを始めます

 
最近、ひどいのが、ブログも書いたことがない工務店のおっちゃん連中が、出版したりしています。本屋に行けば、沢山見かけますが、その内容の本を数ページ読んだら、ほぼ一緒の内容で読まなくなる出版するほどの内容ではなくて、どれも皆よく似た内容ばかりの本です。

 

で、また一時期にまとめ買いをして 第1位!(一瞬)などとして誤解させ、ついでに
出版した先生扱いにして、セミナーもしたりして、ご本人さんもマンザラでもなくなり、その気で先生気分となり、その勢いで、どさくさまぎれに営業活動するためのNPOまでつくったりして、勘違いが増大して、その胡散臭さがさらに増長していきます。

 
そのきっかけとなる出版社は どれも同じで、実はこの手の出版は、自費出版と同じで、自分でそれなりのお金を積んでゴーストライターも用意され、本をつくっているのです。

 
バカ真面目な私なんぞは、ベストセラー作家の方々と同じように本屋に並ぶのは、とても失礼な世界の話であるので、自分で書いていないのに出版するって〝やらせ〟や〝偽造〟と言えますが、出版業界ではあたりまえなんてことも言われたりしますが、この感覚は、個人的に好きではありません。

 

だから、心がない本なので読んだらすぐにわかります。読んだあとになんにも残らない本で、出版したというご本人の満足と儲かった!という出版社の喜びだけの本であったりします

 
それにしても、このようにまた営業できない弱みを持つ中小零細の工務店の経営者を食いモノにして、荒稼ぎをしている人がこの業界周りにいっぱい存在しているものですが、ほんとフランチャイズと同じでこの業界では多いです。

 

もちろん、これらは、過剰な経費として積み重なり、これらの負担は 全て消費者の家づくりの価格に計上されます。嘘だと思うなら比較すればすぐにわかります。


中小零細工務店なのに価格が高いなぁ。。。と。思うのであれば調べてみればよい。
フランチャイズ入っていませんか?雑誌掲載されていませんか?

 
断熱材の会社とあるシステムを売る会社が組んで、小さな工務店のおっさんをベストセラー作家に仕立て上げたある本のマーケティング手法は見事でしたが、マーケティングとして成功したまででそれが本当にいい!とは言えないものです。

 

ちなみにこんな私にも個人で本を出しませんか?という営業の電話がかかってきたことがあります。出す気もないのに出すための費用はいくらですか?と尋ねたら、数百万を言われましたが、それだけの費用だすぐらいなら、今のように小冊子として全国の困っている人に送るようにしますので。。。とお断りしましたが、本屋に並ぶことをえらく強調されてましたが、私にすれば、興味ねェ~です。

 

それにしても、もういい加減に胡散臭いこの住宅&不動産業界のこの手の類の大手の真似しただけの売り込み手法は、無駄とも言えますし 騙しているようにも見えますしやめませんかね?

 

中小は、しっかりとこれまでのお客さんの満足度を高める対応をして、そのお客さまからの紹介やリピートでつながっていく これが基本であることを忘れてはダメです。

 

新しい客ばかりを追っかける 追っかけるしかない販売方法
それが そもそも満足度が低い証拠ではないですかね?

 

www.ie-par.jp