素人さんの為の家づくりのい・ろ・は

素人さんの間違いだらけの家づくりの知識。 あなたの暮らしに役立つ知識を大公開! 続きはブログで・・・

敷地も融資額も目一杯の家って正解なの?

あるお客さまがやっと冷静になったようです。

 

乗用車も何が欲しい?と言われれば、できれば高級車に乗りたい。私などは、間違いなくミニクーパーである。

 

でも、結局は、普通車を選んだり、カーシェアで間に合うし、そもそも車が必要か?となります。

 

家づくりでも 優先順位が上位のはずの価格
これは とても大切なことです。


よくその予算を無視して、敷地にできるだけの大きな家で、上もロフトに下も地下、法的にギリギリいっぱいの家をできるだけ建てようとされます。

 
住宅ローン、借りる融資額も営業マンや工務店に誘導されて、借りることができる満額ギリギリの方も多くおられます。


その結果、ご予算の割に家が大きすぎて、ローコスト住宅で、性能までも落としたりしてでも、不思議と家の広さの方を優先される方がおられますが、そもそも家は、毎日の生活の場でありますので、その家が快適でない、品質の悪い家であった場合、毎日が不快な思いをしながら、住み続けなければいけません。

 

程よい大きさでも、あれこれ付けて、依頼するところも著名で有名であったり、工法も設備機器や仕様などまでも、あらゆる贅沢をして借りれるだけ借りる家づくりをされる方もおられますが、これも本当にそれでいいのでしょうか?

 
あたりまえのことですが、お金をつぎ込めさえすれば、どこでも誰とでも、それなりにいい家は建ちます。

 

でも、誰もかれも普通は、限られた予算であるはず。

となれば、バランスよい家づくりをするという事をまず考えなければいけません。

 

性能や品質を犠牲にしない程度の大きさの家、価格もできるだけ目一杯借りなくてすむような家づくり


そんな感覚を持ってほしいものです。

 

f:id:house-net:20180611115259j:plain

 

車で例えれば、誰もかれも外車やプリウスが高いからって買う事はないと思います。
軽自動車で十分!という方もいれば、中古でもいい!という方も、わが家はバンがいいという方もおられます。

 
今の家づくりは、営業マンに上手に言われて、皆外車を買っているようなものです。

 

よって、まずは、この予算と家の大きさのバランスをよく考えるようにしてください。ご予算を超えそうなら、もう少し小さく、そんな発想が大切かと思います。

 
予算を少なく、でも家はできるだけ大きく!と言いだすと質や性能にしわ寄せが必ずいきます。

 

また皆さんにわかりにくいのですが、この住宅業界では、流通経路や仕組みによって、原価から見る利益率がそれぞれ違うので、非常に比較しにくいようになっています。

 

同じような価格なのに家が貧祖や小さいなど流通経路が悪い会社や高利益をとる会社に依頼するとそんな感じになってしまいます。

 

流通経路が悪い!というのは、下請けや孫請けなどにほぼ丸投げで発注するような会社の家づくりですが、この判断は、比較検討すればすぐに見えてきます。

 

ということで、まずは大切な予算と大きさを適正に判断しなければなりません。

 

ハウスネットでは、過去のデーターをはじき出し、床面積さえ決まっていれば、ある程度のご予算は、最初の段階でオハナシをすることはできます。

 

あとは、どれだけ効率よくするのか、贅沢するのか・・・そんな感じです

 

f:id:house-net:20180611120102j:plain

 

お客さまが、検討された吉野杉のイエですが、普段の構造材の費用より80万ほど高い買い物となりますが、それを皆さんは、どのような価値観でどう感じて、どうご判断するか・・・です

 

これは人それぞれ。

 

是非とも折角なので吉野杉にしたい!と思うのか、80万は自分なら他のものに使いたい!と思うのかのちがい


あたりまえですが、これはどちらも正解でも間違いでもありません。その部分で贅沢するか、しないか、基本となる価格を出してからじっくり考えるべきだと思います。

 
基本の価格もわからないまま、なんの意識もしないで、いきなりその価格を見るから、なにもわからないあなたは、それが普通である!と思ってしまって麻痺する家づくりとなるのです。


これをお読みのあなただけは、くれぐれも間違った選択はしないでくださいね!

 

 ■ 最初の優先はやはり価格なのか?

housenet.jp