“身の丈”と“足る”を知る家づくり日記

大阪から〝身の丈コスト〟の家づくり&不動産について正直に伝えます。

リフォーム見積の比較をして

f:id:house-net:20180120122932j:plain

写真AC 紺色らいおんさん

あるお客さまの大規模リフォームのプランと見積もりのチェックをしております。

 

ご相談のお客さまが相談前に見積もりを依頼した2社とも、例のネットだけで募集するあの仕組みで見つけられたようですが、今回のご相談のように見積もりや提案内容、価格ともに残念ながら非常に雑な提案でしたが、とりあえず印象は〝高い〟です。

 

その割にその価格と設備機器や性能などリフォーム工事内容のバランスがあってません。お金をかける割りに〝安心〟と〝快適〟にならない内容は如何なものかと…これが率直な感想。


知らぬは、お客さまばかり。

 

相変わらずの姿勢で何もわからない消費者に対する会社がリフォーム業界には多くあるように感じ、新築分野よりまだまだレベル低いです。

 
幸い今回 ご相談があったお客さまは、なんとかギリギリ間にあい、まともなちゃんとしたリフォームに修正できそうでよかったですが、同じ内容で、さらに性能も設備機器のグレードもあがっているのに価格は、間違いなく下がります。

 

それだけ提示する価格に無駄が多いものです。

 

今の家づくりは 皆さんもきっと何かと不安だから ネットで検索などして、調べるのですが、売る側もそれはよくわかってまして、あの手この手で何とかひっかけさせて、どこもかしこも、美辞麗句の言葉を並べて、皆さんの心理の不安を煽られ、知識や経験、防御策や知恵などがない素直な消費者である皆さんが、それを検索か何かで見て、よくわからないまま何かとご賛同され、同意された結果、それが洗脳となり、誘導されて、過剰で高額な家づくりになっていきます。

 
調べれば調べるほど、プロにとって、とっても都合のいいい獲物になっていっている。
残念ながら 経緯を見るとそんな感じがします。

 

その家づくりの洗脳を解きたければご相談ください(笑) 


■冷静 淡白 ドライも家づくり成功の道

housenet.jp