“身の丈”と“足る”を知る家づくり日記

大阪から〝身の丈コスト〟の家づくり&不動産について正直に伝えます。

ある工法の会社と家づくりを進めている方からのご相談

f:id:house-net:20180114083738j:plain

 

先日、大開口・大断面などを売りにしている工法の会社さんと家づくりを進めている方から 予算が全くあわないので・・・とご相談を受けました。

 
内容をお聞きし、図面を見るとその加盟店しか扱えない特殊な工法で建てる必要のないプランでしたが、これって本当に家づくりのプロとしての姿勢としていいのかな?と素直に思います。素人相手に必要以上の過剰なものを売りつけているってどうだろう?

 

なんでもかんでも適正な選択をしないで高い工法を押し付ける。しかもそれがハウスメーカーではなく、街の工務店という立場でありながら。


もちろん経営者として一円でも多くの売上や粗利額をあげたいのはわかりますし、2000万の家よりも3000万の家、300万の粗利額より500万でしょう。

 
でも、それ以前に誰のための何のための工務店であるのか?という事をよく認識してほしいものです。

 
もちろん!お仕事ですので利益なしでやれ!なんて言っているわけではないのです。その工法でなくても安くできる在来でも可能ですよというアドバイスをしてあげて欲しいものです。

 

重要性・必要性のない人に高い工法を一方的に選択の余地のないまま押し付けることは、いかがなものかな?と思います。

 

ちなみにその工法への執着などを建て主に確認すると全く執着していないとの事で、工務店側からこれがいいから!という事で押し込まれた感じらしいですから余計にいかんことです。

 

中小で地域社会に貢献するはずの工務店がこのような姿勢でよろしいのでしょうか?なにかそもそもの主旨なのか発想が間違っている。


見積もりのチェックをしますが、簡単に見ても間違いなく工法と構造計算だけで100万以上は下がりますが、それ以外に見積もり内容を見ると全てにおいて高い単価なのでそれらで1割以上は下がりそうな感じですが、これってハウスメーカーではなくて相手は中小の工務店です。


このお客さまは、お会いした感じがいいお人柄だから余計に足元見られているんだろう。セミナーか研修なのか、大手の販売手法の営業テクニックだけをマスターしている工務店がほんと増えました。

 

工務店に唯一欠かさなかったはずの〝心〟を感じなくなってきた。

 

新築や建て替えをお考えの皆さん。プロからの説明を受けて誤解して工法を選ばれてますのでくれぐれもよくお考えてくださいね!結局は、過剰な家づくりをされているケースがほとんどですよ!!

 


ケルトン&インフィル住宅

 

housenet.jp