素人さんの為の家づくりい・ろ・は

素人さんの間違いだらけの家づくりの知識。 あなたの家づくりに役立つ知識を大公開! 続きはブログで・・・

保証・アフターメンテナンスなどは?

では、中小の工務店などに新築・建て替えなどを依頼する時にどなた様もご心配されるのが、保証・アフターメンテナンスですので、それについても本音をこちらで書くとします。

 

f:id:house-net:20190430131658p:plain

 

この保証やアフターメンテナンスをしっかりしてる風にお伝えして、営業ツールのように使われている会社も実に多いものです。

 

例えば 次のような事例・・・

f:id:house-net:20190430132126j:plain

最長60年保証・・・最長!なので全てがそうであるというわけではありません。しかもまず長期優良住宅の認定を受けたということが最初の条件。その申請費用がいくらであっても受けることが条件。

 

特に下に小さく書かれている文字は、だいたい売る側のそれなりの逃げ道が書かれているので消費者は是非ともしっかり見られた方がいいでしょう。

 

こちらの場合は、

 

認定以外では最長30年と書かれており、しかも瑕疵担保責任期間10年を超える保証については有償メンテナンス工事5年毎の延長保証を継続することができます(ただし、定期点検及び必要な保守工事を行わなかった場合はその後の延長保証はできません※20年以降の定期点検は有償となります

 

と書かれていますが、建てた後もお金かかりまくりで過剰メンテですよね。しかも消費者にとって大きなリスクは、比較できないので適正な見積りが出されるとも限らないわけです。。。これって消費者にとっては怖いですよね やりたい放題となるのは想像できるかと思います。

 

多かれ少なかれ、ハウスメーカーのメンテもこれが多く瑕疵保証の部分以上は、どうしても〇〇年保証と書きたいので、明記した上で逃げ口上を必ず書かれています。

 

だから私は、瑕疵保証を超えるメンテナンスについては、建てた会社を信用せず大いに比較すればよいですし、それでも好意的な価格であれば頼めばよいわけです

 

弊社でなければ 保証が切れますよ という半ば脅迫的な事を言われても、どっち道それは保証でも何でもなく、有償メンテナンス工事であるので自分の家は自分でしっかりと管理するという意識を持たれたらよろしいかと思います

 

ちなみに上の広告の会社ですが、家の保証は最長60年と言っていたのですが、この広告の後すぐに莫大な負債で倒産されました。 

 

基本的に消費者は、よくご検討された上で気に入られたパートナーと請負契約を結びます。そこで、よく工務店との契約がご心配の方が多いのですが、保証保険については今の時代では義務化となっています。これは、家づくりサポートを立ち上げた頃は、義務化ではありませんでしたが、弊社では任意ではなくいち早く義務としていました。

 

心配されるその工務店のアフターメンテナンスの件に関しては、これまで家づくりをされた方々のところへ訪問し、工事が竣工後も本当にしっかりとメンテナンス対応をしているのかを直接確認して評価しております。

 

これに関しては、少々怒りさえ覚えるのですが、大阪ガスグループ時代に契約された工務店は、ほぼ受注しただけで、その後のメンテナンスを全くしておらず、電話しても来ないとかをよく聞いたので、紹介することがなくなったのですが、それでも未だにリクルートの雑誌に掲載されてメンテナンスがしっかり風に書かれていますし(笑)立派なショールームまで作られてますが、このような会社が、私とご縁がなくなる理由はおわかりいただけるかと思います。

 

契約する前だけアフターはしっかり!といいながら、竣工引き渡した後は何もしないのが、まさしく騙しで嘘つきで嫌いなんです。

 

また希望されるのであれば、手間がかかるので費用も掛かりますが、住宅性能表示もできますが、これについては、売買に絡む不動産業界がその住宅性能表示に関して無関心なので、住宅業界が希望する住宅性能表示や長期優良住宅にするから住宅の価値が高くなる!という夢物語は、今のところ意識が低い不動産業界では余程の法律の改定をしない限り実現性はないように感じます。インスペすら稼働しそうもないのですから、実現するかなと思ってしまいます。

 

ちなみに私が今新築や建て替えするなら必要とするかな?と思うと、やはり必要ないなぁとなりますが、これを踏まえて、それでも必要と感じているのであれば、対応はできるようには各工務店は準備されています。

 

姉歯耐震偽装問題以降、ハウスメーカーでも工務店でもどこで契約されるにしても、保証保険については、義務化とされていますが、この時代だからこそハウスメーカー工務店などに絶対はありえませんので自分の家は自分で守る意識をもちましょう。

 

 

housenet.jp