素人さんの為の家づくりのい・ろ・は

素人さんの間違いだらけの家づくりの知識。 あなたの暮らしに役立つ知識を大公開! 続きはブログで・・・

不動産業について初期の疑問の数々!?

ただいま登録して3年が経過する不動産業についてどうしたものかと考えております。

 

ご相談中のあるお客さまが、情報を元に不動産購入を検討されていますが、不動産会社にどれだけ急かされても、慌てないで衝動買いしないで、じっくり考えるという姿勢のようでよかったです。

 

こういうステップを踏まれる方は、理想で確実にいい家づくりができる成功へと近づきます。

 
以前 まだ不動産業を持っていない時、提携先の不動産会社のおじさんが、徹底的に調査して購入する際の問題点なども、ご報告していた事はとっても参考になりましたが、その他の不動産会社がそれをしているとは思えないです。

 

 

かといって、従来のような不動産情報を前でバチバチ貼っているような不動産会社を目指しているわけではない。

 

f:id:house-net:20180813124032j:plain

  

一般的にはあたりまえなのですが、消費者の方は意外と知らない事もあるようで、例えば、建物には消費税が必要ですが、土地には、必要でないとか、売主からも買主からも
手数料が発生するものであり、意外に売主はかからない(逆も然り)と思われている人が多いものですが、意外とその感覚が普通かもしれません。

  
特に私個人が、昔からおかしいな~と思うことが、不動産屋の手数料である3%+6万円でこの後ろの付く気持ち悪い6万円というのが謎でしたが、どうやらこんな理由からのようです

 
この手数料は決まっているのは、200万まで5%、200~400万まで4%、400万以上は3%となっており、この書式で表すのと3%+6万円は、同じ答えになるということであります。

 
実例で言いますと1000万とすれば それに対して手数料は3%+6万円であるので
36万円となりますが、これをバラバラに計算してみると1000万のうちの600万が3%で18万、内200万が4%で8万、内200万が5%で10万となり、見事合計36万となるわけである。


しかしですね・・・くれぐれもこの費用は、あくまでも上限でありますので、できるだけ少しでも下げてくればうれしいですよね。万単位ですから・・・


でも、不動産業界では、独特の右にならえの風習があり、これは下げない風潮のようですが、自分自身感じているのは、このよくわからない知らない不動産業界に対して感じる可笑しな常識論や不思議な事をマーケティングも含めて全て覆せばいいかな?と思っていますが、そうして伝えればいいのかで悩んでおりますが、思い切ったことが必要かもしれませんね。


家づくりに関してなんでも相談しやすい 正直で真面目で丁寧な住宅総合相談センターを目指すべきかな? 家づくりや住宅が大好きな不動産会社があってもいいと思っております。

 

社会のため、これから家づくりを考えている皆さんのためにこれからも頑張ります。 

 


◆土地や中古住宅の購入のご相談にも応じております

www.ie-par.jp