素人さんの為の家づくりのい・ろ・は

素人さんの間違いだらけの家づくりの知識。 あなたの暮らしに役立つ知識を大公開! 続きはブログで・・・

土地購入の際の擁壁チェックは大切ですよ!

同窓生からも不動産購入の相談がありましたが、くれぐれも土地を買う際には擁壁には気を付けてくださいね 

 

その擁壁とは、どういうものかと言いますと写真でお知らせすればわかりやすいかと。

 

街で見かけた擁壁は こんなのです。

f:id:house-net:20171022170025j:plain

擁壁

f:id:house-net:20171022171738j:plain

境目が実にわかりやすいが 左は根拠なく安全とは言えない 計算した結果やりかえると右になる

 

その他 街を歩いていても見かけます

 

f:id:house-net:20171022165632j:plain

 

f:id:house-net:20171022170031j:plain

 

以前 アメブロでもお伝えして事がありますが 高槻のいい住宅街で土地を購入された方が困っておられました。

 

f:id:house-net:20171022170036j:plain

 

赤のチェック部分の隣地との境界があいまいなままでしかもその土地の擁壁は3段積みで1段目の安全性は不明という状況だったので役所に行ってこの擁壁の安全性を確認したら根拠なしとの事でやりかえるか、控えるか、それを無視して大規模な地盤改良をするか?なのですが、そんな説明はしていないまま契約をされたようです。

 

だから土地を契約する前にあれこれと平面プランを書いてきているが、もし控えるとなるとそれではできない。

そんなとっても大切な事を購入者でありながらも素人であるお客さまに平気で提案する
不動産会社とその工事部&設計部。これが建売会社の実態であります。

 

分譲でありながらもこれを曖昧にしている状態で売るっている土地がありますが、なぜ曖昧にしているのかと申しますとその部分の費用が掛かりますし、家を建てる人に負担させればよいという思惑があるからです。

 

おそらく契約した後にあれが必要 それでなければできないやこれできないと莫大な追加費用を請求されることになりますので注意が必要なのです。

 

一見 あたりまえのようですが 間違いなく不経済な家づくりになります。

 

別の事例だが くれぐれも下記のような違反の擁壁のある土地を買おうとされるときには慎重になってほしいと願うばかりである。

 

f:id:house-net:20160701162705j:plain

 

成功する家づくりの冊子 差し上げます。

www.ie-par.jp