素人さんの為の家づくりのい・ろ・は

素人さんの間違いだらけの家づくりの知識。 あなたの暮らしに役立つ知識を大公開! 続きはブログで・・・

最初のきっかけは 今でも忘れない

ホームページだけではなく こちらのブログでも、今後できるだけ実例を大きな写真でお見せしていきますね。意外に掲載していないものも多くありまして。。。

 

なお、ご相談の方には、工事中の写真なども見ていただけますのでご安心いただけるかと思います。

  
そんな中、時折思いだすのが、そもそものきっかけとなった最初のサポート物件である福井さんの家の流れです。


この福井さん、もうやめたかもですが、某大手のハウスメーカーをはじめとする住宅の模型をお仕事にされています

 
その福井さんの家の模型と実際の家です

 

 

f:id:house-net:20180907124656j:plain

 

いかがですか・・・すごいでしょ。

  
当時、元設計事務所時代の取引先であるパース屋さんからのご紹介で知り合いましたが、模型の発注先である福井さん所にご訪問していたある日、何気なく私が新築したオハナシをきっかけに

 

 実は私もリフォームか新築か悩んでいるのです

 
というご相談を受けました。


その福井さんは、私より年上で女性の姉妹だけで暮らされています。

 
相談があって、まず考えたことが、仮に私が、現建物に住んでいたらどうするだろうか?とそれから考えはじめました。

  
当時の福井さんの家は、老朽化も目立つかなり古い建物であり、元々2階はアパートでリフォームをしても、かなり構造上のプランで色々なしばりがあり、面積もそれなりにあるので工事費がかさむことも予想され、使い勝手の割にコストもかかる点などもあり、建て替えで〝無駄を省いて適正価格で建てる方法〟を考え、それをオススメしました。

 
とはいっても、建てる側としては、頭でわかっていても、当初は、はじめての事なので、無駄を省いて適正価格で建てる方法など、わかるはずもありません。そりゃそうです。 

 
そこで私も一応、元設計事務所出身なので安請負で「私がプランを書いてあげましょう!」…と。

 
ところが、現実は、日頃の業務の多忙さで、ほとんど何もできないまま、結局は、設計者として〝誰か〟を探し紹介することに…。

 
そこで考えたのが、仮にこの設計をどこかの工務店に頼むと変な恩ができてしまい、家づくりもその会社に頼むことになり、その会社の価格しかわからないことになる。


これでは、〝適正価格〟という点で価格が妥当なのかが全く見えなくなるので、設計者の依頼先として、工務店や建設会社など施工する会社に頼むことではない、施工と設計は、別に選定しなければいけないなぁ。。。と考えた次第です。

 

そういう意味では、設計者として活躍する建築家に依頼するのがいいのですが、それでは、設計監理費用として別に必要となるのでコスパが優れた家づくりとはならない。でもその誰が設計をしてコスパが優れた家づくりができるのかという点をしっかりと押さえていけば、きっと成り立つとしっかりと意識して進めることにした。


こうなれば、まずは、その設計者だけを探すとしよう!という事でこれまでお会いしたいい印象の建築家や知人などが推奨する建築家を集めよう!とその当時に、ある工法の勉強会と称して開催して〝いい人探し〟をした。

 
実は、その建築家の扱いが厄介でして、この頃からすでに、とかくバブル世代より上の方ほど偉そうで言葉知らずであったりするものでいわゆる業界の老害のような感じなので、下手な方をチョイスすると 楽しく心地いい家づくりをしたいので言葉や態度に棘がない建築家に頼みたい!という思いもあり、さらに設計関係の価格もできるだけ協力的に考慮頂ける方を条件として可能性を秘めた心当たりのある方を集めてみました。


ところが!!です。


詳しいオハナシと経緯は こちらからどうぞ。
    

でも 今にして思えば、やはり全てが流れと言えます。