素人さんの為の家づくりのい・ろ・は

素人さんの間違いだらけの家づくりの知識。 あなたの暮らしに役立つ知識を大公開! 続きはブログで・・・

なぜ彼らは、ここまで横柄になれるのか?

あるお客さまから聞いたオハナシ


何かのイベントで参加した建築家との家づくりについてご感想を聞きました。


その時にお会いした方が、とても横柄に感じたらしいですが、まずこの時点で失格ですよね(笑)

 

 

なぜにそんなに横柄な態度ができるのでしょうか?よーいドン!の時点で既に勘違いしているようです。たぶんこういう方は、誰にも注意されないままのようなので、気づいていない事が多いです。

 
だから、こんな人と家づくりをするとそういう態度が出てしまうので、あなたの家づくりというより、その建築家の作品づくりとなってしまいますのでお気を付けください。

 
さらになんと驚くことにそのお客さまに対して何の根拠なのか、仕様や要望を全く聞かずに狭小間口で3階建てで2000万では、どこも無理!ってなことも言われたらしいです


こうなれば、笑い話となってしまいますからここで書くことにしたのです(笑)

 

f:id:house-net:20180809135514j:plain


ほんとハナシもろくに聞かず、考慮もせずによくもまぁ~平気で口にされます。自分は無理ならまだわかりますが、どこも無理と言い切る事がよくわからない感覚をお持ちです。

 

同時に私からすれば、なにかを恐れている 怖がっている感じすらします。それは、器や経験ない世界の事や無知であることがばれるのが怖いのかなとか。

  
私の設計監理費の価格比率が高いので私に依頼する場合は無理ですよ!なら理解もできますので、そのように説明してほしいものです。

 

オハナシをされたこの消費者の方は、このど素人の様な発言をする建築家は無理!!と思われていたようですが、こうして考えると何をもってプロと言うのでしょうか?ほんと無神経な発言をする人が多いなぁ~と感じています。

 

ハウスネットにも過去何社か、建築家との家づくりとやらの提携を希望されてきた会社がありますが、上記の件を含め今の建築家との家づくりは おかしいです。

 

ここでも これまでの常識が今の非常識となっています。

 
知識や経験、レベルの差もありますし、彼らが言うその設計監理についても現場に行く回数の差もありますが、これらについては、ルールがないようです。価格だけの基準はしっかりあるのにその監理する基準がないから厄介です。お仕事で報酬が発生するならちゃんとしっかりと明細をかけよ!です。

 
設計監理費をしっかりとっていながらも現場にはたった1回きりなんて強者も過去にいましたし、そもそも仕入れ価格などをしらないから、見積もりすらできない建築家が、無茶で無謀な価格で建て主に話をして、工務店などに無理強いをするからなにかと辻褄があわなくなったり、工務店などが薄利すぎて経営が厳しくなったり、そもそも大幅に見直す必要があったりするのである。だからよくトラブルになったり不安になるのです。


できなならできない、知らない事は知らない!というべきであり、態度を改めるべきである。


そんな意味で本当に凄い!と感じる建築家って、社会のために活動もされていたりするほんのひと握りの方がいわゆる先生という方です。

 

団塊世代 バブル世代で建築家にも老害が多いようです。

 

housenet.jp