素人さんの為の家づくりのい・ろ・は

素人さんの間違いだらけの家づくりの知識。 あなたの暮らしに役立つ知識を大公開! 続きはブログで・・・

家の費用 いくらくらい 広さはどれぐらい?

 

久しぶりに 通った股ヶ池

 

f:id:house-net:20180720092720j:plain

 

そもそも新築って いくらぐらいの費用で建つものなのかをオハナシしてみましょう


手元にある雑誌の資料からは 

  

 2000-2600万 32% 
 2600-3200万 23%
 2000万以下    18%
 3200-3800万 11%
 4400万以上     6%
 3800-4400万  5% 
 その他         5% 


となっています。この資料は少し古いですが、割合としたらこんなものでしょう。

つまり2000万以下は2割 2000万台が5割 その他3割という感じでしょうか。 

さて、皆さんは これを見てどう思われますか?
何とも思われませんか?若干高いと感じますか?

 
実は このデーター内容を見ると外構工事が含まれています。

 

なんでそもそもこのバラツキの出る外構工事を費用に入れるのがどうか?と思いますが、500万かかる人も50万程度ですませる方もおられますからね。。。

 

ここは家の性能や品質とは無関係です

 
またこのデーターは、月刊ハウジング と小さく書いてあります。

 
つまり、雑誌の性質上 ハウスメーカー比率が高いという事になりますが、一方で現実には、工務店で建てる方の方が多いわけです。

 
ということは、このデーターは偏った情報と言えます。

 
ついでに、この調査の延床面積を見てみましょう!これも大切。大きさがポイントですから。。。

 

平均は 167.4㎡ つまりなんと50坪!!という事です

いわゆる若干の洗脳ですね

 

全国平均が30-35坪というのに50坪とは 間違いなく社会とずれています! 

そりゃ高いですね・・・

 

てなことで、この住宅業界では、よく何らかのご都合主義のデーターですので、こういった情報がネットで流れていたりしますので、よく吟味しなければいけませんので、情報を鵜呑みにしないで見る時にこういう点にご注意してくださいね。特に売る立場の方からの情報は、よく調べてみることです。

 

住宅&不動産業界では、参考になるようで参考にならないデーターよくあります

 
例えば、何がきっかけで・・・というアンケートでこの手の雑誌という回答が多かったりしていますが、そりゃぁ 雑誌を買った人に聞いていたらあたりまえでしょ!という感じとなりますので、こういう偏った情報は一般常識とは、考えない方がよろしいです。

  

ちなみにハウスネットでは、どんな感じでしょうか?

詳しいデーターはないのですが、私の感覚のオハナシをしますと 


 2000万―3000万 50%
 2000万以下     30%
 3000万以上     20% 

 

という感じです。

 

ほとんどのお客さんは 2000万台前半
若しくは 2000万以内のお客さん

 

時折、3000万以上という感じですが、これも弊社のコンセプトの経済的な家づくりを貫いているので、市場価格よりは経済的と思いますが、これも偏りと言えば偏りですので、それこそ、3000万を超える方の家の床面積は、とっても大きな家です。

 

つい、この間でその額を超えた方も、やはりそれなりのいい仕様で50坪ほどの大きさがありました。

   

そんなことで雑誌やマスコミも、結構、何らかのご都合やご事情で書かれているのも多いので、所詮、参考という程度にとどめて、思い込みはしないようにしてくださいね。

 
どんな家でも、普通の大きさの家であるならば、2000万が基準になると思われればいいと思います。

 

www.ie-par.jp