素人さんの為の家づくりのい・ろ・は

素人さんの間違いだらけの家づくりの知識。 あなたの暮らしに役立つ知識を大公開! 続きはブログで・・・

忘れがちな家づくりの感覚!?

昨日は休みだというのに風呂に入った時思いたって、少し書きはじめたら止まらなくなり、結局5時間弱かかって書いたリフォームの話です。お時間あれば読んでみてください

 

www.ie-par.jp

 

とは言いつつ 普段から申し上げている事なんですけどね。

 

あまりにも暑いので海に使っている画像をお付けします

 

f:id:house-net:20180718150426j:plain

 

さて、あたりまえのようですが、家づくりを始めると皆さんが、つい忘れがちなオハナシをしておきます。

 

同じ2000万の家 

 

別途設計監理費が10%で200万必要であれば その家づくりは2200万の家という事です

 

同じ2000万の家 

 
A社は粗利率が20%、B社は粗利率が30%とするならば、原価の違いは1600万と1400万となり、あたりまえですが原価で200万も差があるのですから、逆に言えば、原価が違うので、粗利率が同じであっても同じ価格になるはずがないのです

 
大量発注で安い!とよく言いますが、ということはイケアのように倉庫においているの?と誤解しますが違います

 

f:id:house-net:20180710135937j:plain

 

つまり 標準という事は 企画である程度決まっていますよという事で、挙句に見積もりもどんぶり勘定である可能性が非常に高くなります。

 
効率的な家づくりで・・・と言いながら、仕様を決めて安全率を加えて、どんぶり勘定で提出する

 

これが従来の目指していた家づくりと言えるのだろうか?

 

でも、原価の差の200万って安くないです。。。


しかしながらも、家づくりにおいてこの〝原価を意識する〟という事は、とっても大切なことです


■ 無駄を考えてみましょう

housenet.jp