素人さんの為の家づくりのい・ろ・は

素人さんの間違いだらけの家づくりの知識。 あなたの暮らしに役立つ知識を大公開! 続きはブログで・・・

12年前の住宅雑誌から…

古い住宅雑誌の整理で捨てる前にこちらに掲載します

  

今回処分した本は、1999年の住宅雑誌ですから、つまり約20年前の本で、価格は、1100円と今では高く感じますが、広告や設備機器の紹介や実例、何もかも古く感じますが、たった20年 されど20年なのでしょう。


雑誌は ニューハウスですが、いまもあるのかな?と調べてみると2007年に休刊したようですが時代ですね。

 

f:id:house-net:20180519185708j:plain


中に掲載されている実例は、今では何の参考にもならないものばかりで、よくも、まぁ~こんな野暮ったいデザイン!と感じるようなものが、得意げに、自慢げに載っていますし、やはり時代であり、古いと感じてしいまします。

一方で海外の古い家はとてもいいと感じるこの差ですね。

 

雑誌の広告までも やはり時代を感じます。例えば、ナショナル(現パナソニック)の広告ですが、今ではありえないですが、ガスコンロを大きく載せていて、控えめに左の上にIHが載っていますが、電力系の会社なので、逆でもいいぐらいなのですが、当初は、この程度の意識だったのでしょう。それとも、ニーズの差だったのだろうか…

 

f:id:house-net:20180519190616j:plain


次に今の時代では、おそらくどこにも存在しないカウンターから入れるタイプの食器洗い機が、最新機器として紹介されています。

でも この機器は交換できませんからダメですね。

 

f:id:house-net:20180519190727j:plain

 

他の広告では、倒産した殖産住宅の広告が、他のハウスメーカーと方を並べていますが、そういう意味では、所詮、広告であり、怖いといえば怖いもので、信用性が高いものであるとは言えないです

 

f:id:house-net:20180519190924j:plain

調べてみたら、この3年後に倒産していますが、実は、業界ではこの名前が復活していまして、今では工務店のネットワークとしてこの名前を利用しているようですが、そこまでこの名前に執着・固執しているのは、おそらくこのブランドでお仕事をされていた方々だけではないでしょうかね・・・世間的にはさほど気にする事ではないのですけどね


一方 大手の住友林業の広告を見てもらいましょう

 

f:id:house-net:20180519191806j:plain

 
標準装備を自慢しています(^J^) 今の時代では、あたりまえ過ぎて、恥ずかしくて言えないような事が、広告で掲載されています。でも、この頃から既に坪○万円~って書いていたんですね。


最後に折角ですので、こんな実例が掲載されていますが、わざわざ掲載するなよ!という例をお見せします。

 

f:id:house-net:20180519191935j:plain

 

違和感のあるミニキッチンの位置と冷蔵庫の位置 
何故にこんなところに置くかな?

 

こうしてみると流行りは流行りであり、やはりあまり流行を追っかけるものではないなぁ~と感じます。

 

目の保養に海外の古い家を掲載しておきます

 

f:id:house-net:20180519192155j:plain

 


ハウスネットの実例

housenet.jp

 

 

 

 

 

 

 

f:id:house-net:20180519185708j:plain