素人さんの為の家づくりのい・ろ・は

素人さんの間違いだらけの家づくりの知識。 あなたの暮らしに役立つ知識を大公開! 続きはブログで・・・

展示場に思う事と上手な家づくりの交渉術 !?

 

f:id:house-net:20180528182316j:plain

 

家づくり。

 

特に建て替えや新築を考えはじめたら、皆さんがまず行ってみるのが、ネットが発達した今の時代でも、住宅展示場でありますが、足の便の良さを考えれば、とってもいい場所にあり、例えば、大阪市内では、なんばのパークス近くにありますが、これでは、モデルハウスの建築費や維持費も、高くなるのはあたりまえ。

 
ちなみに家賃は、一体いくらなんでしょう?


そこにあるモデルハウスといえば、わが家なら間違いなく玄関だけでも、もうひと部屋取りそうな馬鹿でかい家ばかり。。。

 
建築費にすれば、ほとんどがオプション別途ばかりの1億近い費用をかけて、オシャレで高級なインテリア用品などを入れると・・・それはそれはおそろしい額になるかと思います。

 

普通に考えれば、それは、平均価格の4-5倍以上であります。

 
しかも、中にある設備機器は、一般的なシリーズの商材を入れることはなく、キッチンもシステムバスも家具も、内装もカーテンすらほとんどが最高級ランクで、いわゆる〝オプション〟が使われています。

 
ホームエレベーターも屋上庭園もあったりして、異常に広い間口で、ほとんどの住宅地の間口は、長方形なので、大きさ含め何かにつけて適合しなくて現実的ではありません。

 

・・・つまり、住宅展示場は、テーマパークと割り切ってご覧ください。
ですから、お子さんは、多いにはしゃいでください。(笑)
  
いっそのこと観覧車やジェットコースターもあればいいのに。。。

 

f:id:house-net:20180528190518j:plain

つまり、住宅展示場には、私達の平均の家族が住むための家は存在しないことをご承知おき見に行ってください。


あなたが本気であるならば、実際建てようとする規模や予算にあった家の構造段階と完成をぜひ見せてもらってください。そのほうがきっと現実。


その旨をその会社に相談してみてください。

 

しかしながら彼らは、間違いなく選び抜かれた物件を見せるでしょう。
そうです・・・少し高いモノを見せて物件に営業をさせるのです。

 

お時間があれば、気になる家づくり会社であれば、あなたの近くの工事中の現場を抜き打ちで見に行ってください。現場のきれいさなどは、日頃の職人さんたちへの教育、または現場監督者の意識なので、それだけで会社の姿勢がよくわかるはずです。


大きな有名なブランドの会社や不動産会社の建売でも、掃除すら行き届いていないざっぱな担当者にあなたの一生の家をたくせますか・・・? 

 
その展示場で相談したハウスメーカーの紹介先の不動産会社で土地を見つけた〇〇さん。

 

このたび、土地のご契約をされたということでおめでとうございます。きっとその土地にご縁があったのですよ。 

 

f:id:house-net:20180528191316j:plain

 

でも、その紹介したハウスメーカーの営業攻勢が、きっと大変かと思いますが、振り回されていませんか? 立派なパンフレットをすぐに持ってきませんでしたか?

 
しかしながら、結局、その会社の紹介で、しかも融資の審査までしてもらったのであれば、残念ながら〇〇さんの家づくりは、他のどことも比較できません。

 
不動産会社をあなたに親切にご紹介する家づくり会社は、残念ながら比較できないようにすることが目的となっていて、家づくりをすすめていく内に言い出すことはおそらく

 

 「今月 ご契約いただけたらこの金額で・・・」とか

 「今度 上司を連れてきますので・・・」とか 

 「なんとかお願いします・・・」とか時には泣き落としまでしてきます。


でも、知らぬ顔をしていてそのまま商談を進めてみてください。

 

今月中に・・・と急かされた事をお断りしても、またノコノコとまだ依頼先を決めていないなら来月も訪問して来られるでしょう。

 

実は、これって、ここはだめだな?と思う会社でも、間違いなく営業マンは訪問をしてきますが、残念ながら、その営業マンは、空気が読めないので、やめておくのが正解です。


で、締めや決算時期は、とにかく急かされたり、よく訪問されたりすることになるものです。

 

これは、営業マンの上司も数字が要求されています

 

つまり、少々無理してでも(大幅な値引きしても)、過剰なサービスをしてでも、あらゆる手を使って、今月中に判子を押させようとしてきます。ひょっとしたら、土下座する営業マンなんていてるかもしれません。


で、プロ側の粗い対処法として、仮契約とか設計契約ということで逃げられなくしますが、これだけは、中途半端な段階では、絶対しないようにしてくださいね。

 
気に入った会社(営業マン?)があるのであれば、また内容が納得や仕様・価格なども満足するのであれば、その会社と商談を有利につめてください。

 

その簡単なコツは、競争相手が存在することを強調することで、それだけでも、あなたの家づくりは、100万200万は安くなります。

 

しかも、決算時というのであれば、本当の値段は、なんぼやねん!というぐらい安くなります。ここでは、くれぐれもその商談はプロ側のペースにならないことです。

 
その中でも、ハウスメーカーへの上手な断り方は、『知り合いの工務店にところで頼む』というのがいいでしょう。

 
訪問してくることすら、面倒であるなら、こちらから電話するので、そちらから電話したら2度と御社にはご相談しませんのでそのつもりで・・・といえば、営業マンは、凹みます。


これでも、彼らは、洗練された対応のあぁいえば、こういう営業トークのウンチクを並べてきますけど、まぁ~ほっておきましょう。

 
あれもサービス、これもサービスというのは、くれぐれもあなたは信じないようにしてくださいね。


確かにサービスのように感じますが、10件訪問して1件決まれば、そこの利益で間に合っているわけです。


つまり、逆にいえば、契約される方が全ての費用を負担している理屈になりますから、高い理由は、わかりますよね。


 敷地を図れば 費用は掛かる
 地盤を調査すれば 費用は掛かる
 模型を作れば 費用は掛かる
 プランや見積りは 経費が掛かる

 

だから、高利益を確保しなければならないのです。
だから、本社ビルが建つのです。


あなたの家づくり 
義務や押し付けられて商品を買うのではありません

 

家は 楽しんで建てるものです。
是非、皆さんも家づくり楽しんでください。
これから家づくりをする人も 是非是非。 

  

◆納得できる家づくりをこれからも追求します

www.ie-par.jp