素人さんの為の家づくりのい・ろ・は

素人さんの間違いだらけの家づくりの知識。 あなたの暮らしに役立つ知識を大公開! 続きはブログで・・・

坪単価は実は意味がないという事ご存知?

昨日は、島根県にお住いの方から電話相談がありましたが、ひどい対応や工事をする会社は 残念ながら都会だけに限らないようです。過去にも静岡や長野、宮城、札幌や沖縄もありましたが、方言が違うだけで質はどこも変わらず。

 

しかもご縁は、知人からの紹介だったようですが、問題があってからその知人も一緒になって言ってくるらしく、40年来のお付き合いなのに…とそれも同時に落ち込まれてましたが、やはり知人ルートは遠慮が重なるのであまりお勧めいたしません。

 

それにしても、工事も悪いらしく、電話してもずっと逃げているようで皆さんもくれぐれも依頼先選びには気を付けてくださいね

 

電話ではありますが、今後のアドバイスや励ましのお言葉をかけたら、最後には元気になられたみたいでよかったです。

 

f:id:house-net:20180521120314j:plain

では 本日のイエヅクリノオハナシ


ある方が住宅展示場を見て、こんな家が欲しいんです!と言われてましたが、よくありがちなハナシで、これはとっても大切な何かが無視されています

 
それは 身の丈です

 

例えば、あなたが鞄などが欲しい!と思った時、いつもよく見に行くお気に入りの適切な鞄屋に行くのか、ブランド物の鞄を見に行くのか・・・と同じです

 

住宅を売る側とすれば、住宅展示場のモデルハウスが夢のない家では、ダメで、だからそれなりのコストをかけて作り上げます。

 

なので、ある意味その家づくり会社にとっては、今の代表作でもあり、価格帯は、てっぺんとも言えるのです。

 
でも、不思議ですね。
鞄なら、わかっているのに住宅となった途端にわからなくなっています。


また立派な住宅雑誌で、住宅展示場でモデルハウスを建てているそれらのハウスメーカーなどが掲載されていて、その雑誌に書かれている坪単価


これが、とっても根拠が曖昧であり、いざ頼んでみると全然そんな価格でできないやん!と多くの方が感じているのも、今では常識とも言えます。

 

では、あの坪単価ってなんやの? 意味あるの?となります。

 
例えば、次の事例をご覧くださいませ これらは いずれも坪20万円台。中には、以下もあります(笑)

 

 

f:id:house-net:20180502111932j:plain

 

既に皆さんもわかっていますが ほんまかいな!?・・・ですよね。
でもですね、その雑誌の中では、こんな事がしっかり書かれています

f:id:house-net:20180502112122j:plain

 

免責という言葉や保証するものではない!としっかり逃げ口上が書かれています。
無責任な掲載ですね。こちらではこんな感じ

f:id:house-net:20180502112301j:plain

対応可能な坪単価を掲載していますが 保証するものではありません!ってな感じ

 
となれば、スーパーのチラシに小さい文字でこんな事書いていたらOKか?


 卵 1円
 でも保証する価格ではありません


住宅だからOKちゅうことですかね?


・・・これなんですね。皆さんが紛らわしくて胡散臭ーく感じるところ。

 

で、そんな雑誌なのに書いている事は

 

f:id:house-net:20180502112534j:plain

保証できない価格が掲載されている雑誌で…と書いています(笑)

で 最後の締めは

 

f:id:house-net:20180502112733j:plain

 って書いてますが、これは、まさしく誘導広告。

 

大企業とは違い、中小の場合は、間違いなく雑誌への掲載の過剰コストが家の価格に影響します。もちろん経営にも。

 

で、その巻末ハガキも、●●万のコストがかかります。

 
そんなことで、ホームページも同じことですが、雑誌の坪単価って全く意味がないというお話です

 

housenet.jp