素人さんの為の家づくりのい・ろ・は

素人さんの間違いだらけの家づくりの知識。 あなたの暮らしに役立つ知識を大公開! 続きはブログで・・・

不経済な家づくりを広げ続ける住宅業界!?

 

あるご立派な営業マンは、口にしましたとさ


 営業の報奨金の対象にならない仕事はしたくない!!

 

これを一般の方が聞いあら、なぬ?となり、あまりにも小さなこの考えは、情けないやらでそんな担当者と家づくりを一緒にしたいと感じるだろうか?

こんな言葉を子供が口にしたら説教をしますが、建て主からすれば、家づくりに対しての温度差を感じるだろうし、本当にこんな家づくりが、正解といえるのだろうか?こんなことがいつまでも続くと思っているのだろうか?と感じる事でしょう。

  

そもそも彼らの口からひと事も もっといい家を創ろう!という言葉を聞くことはありませんでしたが、もちろん、住宅を売る営業マンが全てがそうである!なんて事を言うつもりはありません。

  

ただ、業界にいると、スタッフ含めこんな態度や言動はよく見かけましたが、だから皆さんも信頼したけど、なんかおかしいな?と感じた業界人も、実は同じような姿勢かもしれません。

  
営業マンのこの〝報酬の対象にならない仕事はしない!〟ということらしいですが、逆に契約できなくても基本のお給料は、普通にちゃんともらっているのに、そこの部分は無視して、報奨金の部分だけが仕事の基準の対象のようです。

 
残念ながら、組織の数字が目標の管理職の方もそのように育っているので、お前らあほか!ってなことを言う上司や管理職は存在しません。


 「そうか、そうか、わかった いい子だよしよし」と頭をなでなで。

 

f:id:house-net:20180419124334j:plain

 

そんな感じで育てますが、傍で見ているとなんとも馬鹿親ぶりで、いい年した大人のそんな関係は、セクハラやパワハラではないですけど、吐き気がするほど気持ち悪いものですが、そんな態度を親(管理職)がするから子供(営業マン)がわがまま言いたい放題の調子に乗りまくりですので間違った子供の育て方と言えます。

 
それを継続すると年々日を追って、雰囲気がよろしくなくなりますが、こうなれば、さらにひどい縦割りの組織となりますし、このような姿勢で家づくりに取り組みと重ならない部分が増えるのでそれが結果的にクレームも増え、その質も次第に悪くなり、社内の雰囲気もおかしくなるものなのですが、そのように考えるとこの世界には、一般社会の常識がないように感じています。

 

だから、一般の方が普通に感覚で聞いていても、その基準や常識とされていることが社会の非常識が多くなにかとご都合主義で、話をしていても はぁ? ってなことはよくありますので、是非 施主さん交えて、オープンな営業会議をしてほしいなぁ~ってなことをよく感じてました。あまり施主に聞かせることができないような内容ばかりで、家づくりの事について、こんなに真剣に話し合って会議しているのですよ!という雰囲気ではありません。逆でそれって施主の前で堂々と言えるか?ってなことばかり。

 

もちろん!同意見の営業マン同士では、そうだ!そうだ!と盛り上がるのはいうまでもないですが、その度に家づくりやモノづくりに一切興味のない彼らが、大切な住まいを供給する窓口の仕事をさせていていいのだろうか? これって、社会のためにもならない。


それが仕事・・・というなら、あの数年前の耐震偽装問題に関わった人たちとなんら姿勢は代わりはないのでは?ってなこと感じたりします。

 
まっ!あとあと何かもめても、そのあとの担当者が処理すればいいだろうし、最後は上司が片づけるだろうし、何をしても営業マンだけに責任は問われませんしね。

 
弁はたつし、他の誰かに責任負わせる事は、天下一品です。

 
設計や工事 施工会社に擦りつけ、下請けや職人までいてますので、うやみやになりながらも、最後は会社の責任となるのでしょう。
  

なのに、彼らだけ特別な報奨金とは、ただ情けない家づくりの仕組みといえます。

 
そんな組織だったねじれた会社が大資本で大企業で安心と思われていて、そんな価値観が違う相手と同じ土俵で並列で家づくりをしていることによく疑問を感じますので、彼らといっしょにして欲しくないなぁ~と感じたりします。

 
家づくりが、さほど好きではない方が単なる金儲けだけ目当てに、この家づくり業界に携わるのは社会のためにも是非やめてほしいものです。

 

そんな心ない人たちが家づくりに関わるから、欠陥住宅が増えたり、粗悪なリフォーム工事が増えたり、家づくりをしてストレスになるのだと思います。 


住まいや家というのは、命を守る器。
あなたたちの報奨金の対象物ではないのです。

 

報奨金がなければ モチベーションは続かない。そういう姿勢そのものが会社のあり方として間違っている感じがしております。

 
まぁ~年をとって、しんどくなって、その時の他の仕事に転職を考えても、そんな考えでは、どの業界にいっても通用はしません。それだけ異質な業界だと言えます。

 
つまり、社会で潰しがきかない方々ばかりで、次によくお金を使う保険関係に行く人が多いらしいですが、一番高額なものを売っているというだけで、自分はすごい!と勘違いしている方が多いです。

 
で、家が性能も仕様もよくて、経済的なものを供給している!というのであればとっても良い事なのですが、ウンチク・能書きをたれる割に、冒頭のようにそれ以外の仕事はしないという姿勢で取り組む最も不経済な家づくりでありますから高くなりますが、残念ながら、心がない家ができてしまいます。

 
その報奨金なくせば、その分安くなります! 
営業マンなくせば、安くなりますよ!
本みたいな立派なツールやめれば 安くなります!
絵にかいた餅のモデルハウスやめれば さらに安くなります!
コマーシャルをやめれば、安くなります!

 

是非あなたがいい営業マンで、社会のための家づくりを考慮しているなら、会社にこれらを提案してください。

 
それを自分たちもよくわかっているけど、これらなくせば、あなたたちは、どうして売っていいのかすらわからないんですよね。。。 

 
それであれば、これらがなくてもいい住宅を売っている中小の工務店などを馬鹿にしないで尊敬するべきですよ。

 
で、頭下げて、その方法教えてください!と言えばいいのですよ。

 
それだけでハウスメーカーの家が今より安くなるのであれば、お客さんは、きっと大喜びしますし、それが社会のためになるのです

 
頭下げないわ 批判だけするわ 
わかっているのに いつまでも仕組み変えないわ

 
って、バカじゃないですから、平成も終わるのにまだそんなこと続けませんよね! 

 
あなたたちは、自分たちがこの住宅業界を引っ張っているんだ!と言ってますよね~~特に上場会社の方は・・・。弊社が業界トップですから なんてことを言われます。

 

実は、業界の足を引っ張っている事もお忘れなきよう。。。


そういえば、最近ハウスメーカーの売り方をまねしたフランチャイズがすっかり増えましたが、まさか、住宅業界を悪い方に引っ張っていっているのではないですよね?

 
いい大学を出た常識のある頭の賢い人ばかりですから まさかそんなはずないですよね~~

 

・・・・・

  

やっぱりどうしても、この方々が推奨する消費者を馬鹿にした家づくりは、好きになれないなぁ~こんな体質や姿勢や仕組みそのもの。

 


欠陥住宅やクレームが増える家づくりをなぜ広げる!?

housenet.jp