素人さんの為の家づくりのい・ろ・は

素人さんの間違いだらけの家づくりの知識。 あなたの暮らしに役立つ知識を大公開! 続きはブログで・・・

設計は 施主さん参加の家づくり!!

結局 ネットで簡単に情報を得ることができますが、調べれば調べるほど何が本当なのかわからなくなる時代です。そうです、今の家づくり情報は、もう無茶具茶。都合のいい事ばかりを発信されています。だから実は、わかった!と思っても、プロに誘導、洗脳されているケースがほとんどで、しかも偏った考えが氾濫しています


氾濫する今の家づくりの情報の整理する方法
入り口部分をまとめてみております。

氾濫する家づくり情報の整理が必要

 

その家づくりでは、最近お客さんが間取りを書かれる方が多いです。もちろんその図面は、オサマラナイ事が多いです。特に階段が難しいようです。

 

よって、その図面を見て、おさまる様に整理したり、問題点をあげて、回避しながらサポートをしております。

 

でも、これをしたり建材や機器を自ら足を運んで調べると自分も参加している感が満載だと思います。

 

例えば、次の写真も、プランづくりはお客さんと私で設計した家です。

 

f:id:house-net:20180211182007j:plain

 

経緯は 配置やゾーニングを決めた後に施工会社のプロたち(大工さん含め)が、具体的にカタチにしていただきましたが、職人の腕はさすがであると感じます。

 
ですので、基本設計は施主(サポート/ハウスネット)で実施設計/施工は、家づくり会社(工務店)という感じです。

 
とっても横柄で高い立派な先生に頼まなくても、しっかりとした考えがあれば、経済的でいい家づくりできるんです。

 

設計監理費用を含めて考えると1-2割の差があると思います。

 

ハウスネットの設計サポート

housenet.jp