素人さんの為の家づくりのい・ろ・は

素人さんの間違いだらけの家づくりの知識。 あなたの暮らしに役立つ知識を大公開! 続きはブログで・・・

工務店の商談の質が落ちた理由

f:id:house-net:20180131120013j:plain

現場で打ち合わせをしている様子

この紹介サポートシステムをまだ始めた頃は、工務店を紹介しても、まず商談中のトラブルというのは、ほぼありませんでした。

 

ところが、ハウスメーカー的な見よう見まねと言いましょうか、そのような真似をする営業テクニックを覚えたようで、ある時期から急に商談中のクレーム増えた時期がありましたが、それに対して不安や不満を消費者が感じているから、大手でない工務店に頼んでいるのに、大手と同じような家づくりをしようとする浅はかさといいましょうか、


 足元を見る 
 急かす
 駆け引きをする 
 連絡がその後ない
 お客さんと口論になる   

 

などなど、工務店でもあり、仕事として考えれば嘘みたいな話ですが、こういう事が ある時期から増えたりしましたが、その頃は、その手の手法が業界でもてはやされていたので、テクニック自慢大会みたいなこともあり、何かが変わったような時期でした。

  

でも、時折見せる素の顔が夢もない、少しも楽しくなさそうであったり、一流のアスリートのように陰で苦労や努力もしているけど、ご本人が楽しくなさそうに見えることがあり、この人たち、本当に家づくり好きなのかな?とか感じたりすることもあり、楽しむ余裕がないのかな?と考えたりもします。

 

マーケティング手法としてあちらこちらで流行してからは、家づくりを追及するとか研ぎ澄ますというより、そちらにばかり囚われ、私からすれば、商談の質が落ちた?心ない? プロの魂はどこに?と言え、工務店の対応からは、〝純粋〟〝素朴〟が消えた感じがします。 


もちろん、そのまま放置しておくわけにはいかず、私が、商談中やプラン・見積もりのチェックをする事になったのもこの頃からですが、チェック機能として家づくりの途中で噛んだら噛んだで 

 

 お願いだから 噛まないで! 入ってこないで!!

 

と心地よく感じないプロは、言われますが、そうさせたのは、あなたたちの対応が問題からなのですが、


 そこまであなたが口をはさむなら 今後当社は対応しません!

 
とさも正当化しているつもりでしょうが、私からすれば、悪い事をしていないのなら それこそ堂々とすればいいのに・・・と思うばかりですが、口を挟みだしてから離れた家づくり会社数社は、プロである私に聞かれたらまずいことをしていたようです(笑)

 

施主である建て主は素人でその素人相手にしたら、どうにでもなるけど、間に第三者のプロが絡むならやりにくくなるので…というのが本音でしょうか?

 
とにかく、工務店の家づくりの商談の質が、出す資料はお金をかけてご立派といえますが(笑)それ含めてハウスメーカー手法に大きく傾きはじめ、年々悪くなっていると感じてならない。

 

そう!工務店もあきらかに世代交代により、営業色が強くなり、ハウスメーカー化してきているといえ、数年前まで、そのハウスメーカーの家づくりを否定していたたちばだったのに気が付けば染まっている会社が実に多いものです

 

 

■ ベストな依頼先を見極めましょう!

www.ie-par.jp