“身の丈”と“足る”を知る家づくり日記

大阪から〝身の丈コスト〟の家づくり&不動産について正直に伝えます。

その家づくりの比較 間違っていませんか!?

大きな会社のグループの小会社にいた時によく人事移動によって常に責任が回避できるような役所みたいな仕組みになっているんだなぁ~と感じていた。

 

3月まで業績が悪くても4月に異動になればあっさり過去はナシにできます。新任は、その4月以降に何を言われても前任者の責任にできますが、そこまで追責されない。

 

時折12月末なんかに移動があったりすると余計に中途半端な移動なので誰も責任がないような仕組みとなっており、業績悪ければ結局はそこにずっといる社員のせいになったりするので経営者がコロコロ変わるので、方針や考え、仕事は蓄積されることなく短期間でごそっと変わったりしてましたし、爪痕残すかのように部の名前を替える事なんてしょっちゅうで、時には事務所まで変えたりして、そんな事ばかり繰り返しているように見えた。

 

そんな企業の中で新しい工法の取り組みを進めかけた時に現在のスタッフ連中は、自分たちがよく知らない扱った事ない工法だからと否定するデーターを集めて上司に〝だから扱えない〟と報告された事がある。私は、市場が違うので一般的である在来工法を会社で積極的に取り組みべきである!と申しましたが、その材料によって徹底的に否定されたが、会社や組織というものはそういうもので、特に先導切って引っ張っていく経営者がいない会社では、何をしているのかよくわからないという人が、責任者や経営者になったりするのも子会社の宿命である。

 
ここで私が何が言いたいかと言いますと、皆さんも比較するならしっかりと比較してくださいという事であり、間違った比較をしてはダメだということです。

 

f:id:house-net:20180113102615j:plain

腐食しているリフォーム下地

 

例えば、よくあるのはリフォームで現在の床をそのままにしておいて床材を上から貼るだけの工事とその下地からしっかり取替える工事では、その工事内容が全く違うので あたりまえに価格も違ったりします。

 

また、仮に見積にしっかりそのような事を書いてあっても、見積書式も各社ばらばらで工種別だったりするからわからないようになっていたりします。

 

わが家では、工法の価格の比較しましたよ!って言われても 例えば、ある特殊工法だけを推奨している会社にその他の工法の見積もりを出してもらっても 「特殊工法以外の他の工法の方が安い!!」なんてあなたに報告するはずがなくて、自社にとって都合のいい絵を書くに決まっているのですがおわかりですか? おそらくもっと他の工法なら安くできるはずなのに最低でも同じ価格になるように見積もりを作って出します。

 

そうです。
お客さまがいくらその会社を信頼していても・・・です
なぜ信頼できる会社と言える根拠がないのです。

 

ですから、仮にそれで特殊工法以外の他の工法を選んでも高利益で〇となり、推奨している工法ならなお良し!という図式となりますが、おわかりいただけます?

 

たぶんあなたがもし売る立場であればきっとわかるかと思いますが、そんなもんです。

 
なので、その場合の最適な比較方法は、その特殊工法ではない別の工法を得意としている会社としっかりと比較をするようにしてください。そうすれば、間違いなくその差は
歴然と見えてくると言えます。


これが本来の工法の違う家づくり会社を比較する方法であります。
さらに理想を言えば、同じ規模の会社と比較することが望ましい。


とにかくこの家づくりをする業界の人たちは、自分たちが主導権を握り、都合のいい絵を書く人たちである!と思った方が、腹も立たなくて丁度いい加減であると思います。

 

housenet.jp