“身の丈”と“足る”を知る家づくり日記

大阪から〝身の丈コスト〟の家づくり&不動産について正直に伝えます。

嘘偽りのない正直な家づくり

f:id:house-net:20180108154902j:plain

 

私のようにサポートやプロデュースらしきものがない時代から長年に渡って、家づくりのサポートをしていますと、ご相談される方の中には、どこの企画住宅にもはまらない、いずれの会社の規定のプランでも決まらない家づくりがあります。


得てして、こういうケースは、経済観念に関して曖昧ではなく、さじ加減、贅沢感などの感覚は強く、しっかりした考えをお持ちの方が多いものです。

 

これが、結果的にプロから押し付けられるものよりも、時間をかけて自分で選んでいく家づくりを選ばれます。

 

そのために 売る立場であるプロが相手するよりも、私みたいな立場が、住宅業界のプロと施主の間に立ってまとめていけばいいのです。

  

こんな家づくりを建て主とプロがじっくり考える家づくりとして、原価をオープンにして利益を計上するガラス張りの家づくりとしているのが “正直な家づくりプロジェクト“ となります。


  騙すような事はやめよう 
  嘘をつかないでおこう 
  後ろめたい事はやめよう
  笑顔になる家づくりをしよう


様々なメーカーや業者から上がってきた原価に対して工事管理者である工務店の利益を
正当に乗せる方法の家づくりですが、もちろん誰もかれも向いているというものでもありませんし、ほんのひとつの方法であり、正解なんてないと思ってますが、一つの選択肢をしてこのような家づくりを皆さんに対して用意しておかなければいけません。

 

だから、ハウスネットでも大規模などのリフォームを含め、まだ数えるほどですが、次第にこの正直さが時代なのか比率は高くなってきています。


そりゃそうです。

 

建て主にすれば、この場合の家づくりは、経緯や根拠がしっかり全て見えてきますから自らもしっかりと参加している感じがしますので。


でも、この欠点は、私が見積もりなどに絡むので、これだけの業務なら、時間はさほどかからないのですが、他の業務をしながらなので、とにかくきっちり見ることになるので時間がかかります。

 

しかし、だからといって妥協してはならないのがこの部分を効率化であり、つまり見積もりなど早くできる仕組みにしようとすれば、家づくりのルール決めをしなければいけないですし、それに伴いいわゆるどんぶり勘定とかになるので、この考え方は決していいとは思えないです。

 
どんぶり勘定ではなく、細かい明細を出していると先日も実際にありましたが、例え、サッシだけで10万ほど価格が上がっても、その他の壁などの工事が減って、結局はマイナス2000円となる見積もりになったりするのです。


もともと根っからなんでも疑い深い私は、これまでの “正直な家づくりのプロジェクト”でも途中に

 これって本当に適正価格なのか? 
 これでは 企画住宅の方が安いのでは?

 

と何度も疑い、とある会社の企画住宅と原価が見える家づくりを比較したりしたのですが、予想以上に原価が見える家づくりの方が安かった事も確認済みです。


しかしながら、これも価格から外れる商品や仕様などがあるので、住宅会社が提案している企画住宅の仕様のままでよければ、そちらが安いケースもきっとあります・・・たぶん・・・おそらく・・・あるとは言い切れませんが。。。ただはっきり言えることは正直に伝えていこう!と言う事です。


“正直な家づくりのプロジェクト”のサッシなどは、リクシルYKK・三協のメーカー3社しっかりと比較された方がいいです。相場観を知らない素人の立場である皆さんが、家づくりをする場合は、見積は1社に頼むことは、価格の点ではメリットになりませんので、家づくり会社を比較する際は、メーカーを決めずにメーカーを問いません!とお伝えする方がいいです。


それは 家づくり会社によって仕入れ価格がばらばらだからです。 

 

■“正直な家づくり”プロジェクト

www.ie-par.jp